友人の勧めもあって、トピアリーというものを体験してきました

トピアリーってなに?というところからスタートしましたが、実際に体験してみるとこれがまた結構面白い

とても有意義な時間を過ごすことができました

 

ところで、このトピアリーとは、常緑樹や低木を刈り込んで作る西洋生まれの庭園造形物だそうです

いい写真でもあればよかったんですが、作るのに夢中で写真を撮るのを忘れてしまいました

興味がある方はこちらをご覧ください(Wikipediaへのリンク)

 

今回の体験は、あらかじめ講師が用意してくださった鳥の型枠を利用して作成しました

針金を加工して作った型枠です

それを素材となる木のどのあたりに持っていくかというところから始まり、不要な部分の枝葉を切り落としたり、枝を型枠に結んだりしていきました

これを鉢にうまい具合に植え替えれば作業は終了です

 

あっという間に1時間くらい経っていて、ただただ楽しかったです

トピアリーという作品としての完成形は、これからこの加工した木や葉が成長していい具合に茂り、それを型枠に沿って刈ればよいとのことです

まだまだ全体の10%くらいしかないので、スカスカな状態ですが、夏過ぎ位までには完成形になりそうな予感です

上手くできれば、羽ばたく鳥になるので、この木の成長と共にやわた行政書士事務所も成長して大きく羽ばたくぞ!という願いを込めて大切に育てます

 

植物と芸術の融合といいますか、体験したことの無い世界に触れるということはいいものですね

とても癒されました

 

新年仕事始め以来休みという休みをとることができないくらいな状態が続いておりますが・・・

これはとても嬉しいことですし感謝しっぱなしの毎日です

よいスタートダッシュがきれました!!

 

引き続き本年もよろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

ではまた・・・